四季旅遊
四季(イベント)

柏 ま つ り (柏ねぶた)
千葉県柏市 柏駅東西中心街 2 0 1 3 年 7 月 28 日 撮影
ねぶたは東北三大・四大祭り。重要無形民俗文化財指定。ねぶた(山車)の華麗さと、大きさ。誰でも参加できるという、気軽さから昭和30年代の観光キャンペーンにより、爆発的な人気が出た。東のねぶた、西の阿波踊りと、人気を二分する。 ねぶたは「坂上田村麻呂説」や、「津軽為信」説がある。全国的規模で各地で行われている「七夕ねむり流し」の風習の一種ではとも言われている。
柏まつりでは、「柏佞武多会」という市民組織(ボランティア)で、ねぶたが披露されました。ねぶたは東北三大・四大祭り。重要無形民俗文化財指定。ねぶた(山車)の華麗さと、大きさ。誰でも参加できるという、気軽さから昭和30年代の観光キャンペーンにより、爆発的な人気が出た。東のねぶた、西の阿波踊りと、人気を二分する。 ねぶたは「坂上田村麻呂説」や、「津軽為信」説がある。全国的規模で各地で行われている「七夕ねむり流し」の風習の一種ではとも言われている。柏市と旧青森県柏村(平成の大合併により、現在はつがる市)との交流があって、1994年に柏市でねぶたの運行が実現した。ねぶたの本場青森から運行、囃子、跳人を呼んで、初めて運行され、単年で終わる予定でしたが翌年、地元市民の開催を望む声が高まり、西口の地元商店会が中心となり1996年から地元市民が運行する形で再スタートし、市民参加型のイベントとして定着した。  柏まつり(2013年)