鎌倉 長谷寺の紫陽花 
鎌倉 長谷寺の紫陽花
最後まで見て頂き有難う御座いました。
 
 写真スライド :大きい写真で
 
鎌倉 長谷寺の紫陽花 鎌倉長谷寺は、境内全域が四季折々の花木に彩られ、通年花の絶えることのないその様相は、「鎌倉の極楽西方浄土」と呼ぶに相応しい風情を呈している。鎌倉の海と街並みが一望できる「見晴台」と、傾斜地を利用した「眺望散策路」があり、鎌倉でも有数の景勝地となっている。眺望散策路の周辺には40種類以上約2500株のアジサイが群生しており、梅雨の季節には眺望はもとより「アジサイの小径」として散策も楽しめる。平日でしたが、 「あじさい散策路」に入るには一時間待ちでした。 本堂の横に待ち時間の看板、 番号が呼ばれたら・・・列に並び あじさい散策路から順序に撮影しながら登って行きました。 結構 年配の方が多く写真撮影も多いため人の流れは穏やかです。 ちょうど見頃でほとんどの紫陽花が見頃に咲いていました。 道なりに歩き さまざまな「紫陽花」が 多種多様で見応え十分でした。 一番の 撮影ロケーションのあじさい散策路からは・・・鎌倉の街並みと比ヶ浜を一望できました。 
 

アクセス・・・鎌倉駅~江ノ電長谷駅から徒歩5分 拝観料 300

鎌倉 長谷寺 長谷の西方浄土・ 黄金色に輝く十―面観音様 天平8(736)開創。“長谷観音" の名で親しまれる、坂東三十三観音霊場の 4番札所。正式名称は「海光山慈照院 長谷寺」といい、高さ9.18m のご本尊、十―面観世音菩薩立像は観音堂の中に。相模湾と鎌倉の町並みが一望 でき、回遊式庭園などに咲き跨る四季 の花々が参拝者の目を楽しませている  
       

 四季旅遊の館 四季旅遊の館